新自殺論 : 自己イメージから自殺を読み解く社会学

書誌事項

新自殺論 : 自己イメージから自殺を読み解く社会学

大村英昭, 阪本俊生編著

青弓社, 2020.5

タイトル読み

シン ジサツロン : ジコ イメージ カラ ジサツ オ ヨミトク シャカイガク

大学図書館所蔵 件 / 156

内容説明・目次

内容説明

自殺は高度に社会的な現象である。したがって、自殺を考察するためには、個人的事情の背後に隠された要因の究明が必要である。自殺率統計を援用しながら、ゴフマンが提起する自己イメージ(体面=フェイス)の概念をデュルケムと関連づけて考察し、デュルケムの『自殺論』を現代に適用して分析する。

目次

  • 第1部 デュルケムの視点からみる日本の自殺(東日本大震災後の日本の自殺をめぐって;日本における自殺の概観;デュルケムの『自殺論』の概説;『自殺論』と現代の自殺—現代の自殺にどう生かせるか;社会変化と自殺率—19世紀と20世紀;国際比較からみる現代の日本の自殺)
  • 第2部 面子(フェイス)ロスの視点からみる日本の自殺—表層からの自殺論(役割期待と自殺;若年層における雇用不安定化と自殺;スティグマと自殺;岡檀『生き心地の良い町』にみるフェイスと自殺;フェイスと自殺の諸相;自殺とフェイスについて—社会変化と社会学の視点)

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BB30909924
  • ISBN
    • 9784787234681
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    291p
  • 大きさ
    21cm
  • 分類
  • 件名
ページトップへ