古代の食生活 : 食べる・働く・暮らす

書誌事項

古代の食生活 : 食べる・働く・暮らす

吉野秋二著

(歴史文化ライブラリー, 507)

吉川弘文館, 2020.9

タイトル別名

古代の食生活 : 食べる働く暮らす

タイトル読み

コダイ ノ ショクセイカツ : タベル ハタラク クラス

大学図書館所蔵 件 / 229

注記

参考文献: p171-175

内容説明・目次

内容説明

食べれば残らないから、はるか古の食生活は再現が難しい。誰が何をどう食べたのか。米の支給方法や調理、酒の醸造と流通、東西の市場、酒宴の様子などからアプローチ。食事を成り立たせた社会の仕組みを明らかにする。

目次

  • 古代の食生活を復元するために—プロローグ
  • 米と飯(一日の食米;炊飯と給飯)
  • 酒の醸造と経済(酒の醸造主体;古代の酒屋)
  • 饗宴・共食と労働(都市の饗宴・農村の饗宴;特権としての酒宴)
  • 乞食の風景(施行と乞食;群集化した乞食)
  • 古代社会と食生活—エピローグ

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ