縁食論 : 孤食と共食のあいだ

書誌事項

縁食論 : 孤食と共食のあいだ

藤原辰史著

ミシマ社, 2020.11

タイトル読み

エンショクロン : コショク ト キョウショク ノ アイダ

大学図書館所蔵 件 / 281

内容説明・目次

内容説明

世界人口の9人に1人が飢餓で苦しむ地球、義務教育なのに給食無料化が進まない島国。「あたらしい食のかたち」を、歴史学の立場から探り、描く。

目次

  • 第1章 縁食とは何か—孤食と共食のあいだ(孤食の宇宙;しわ寄せ引き受け装置 ほか)
  • 第2章 縁食のかたち(公衆食堂の小史;食の囲い込み ほか)
  • 第3章 縁食のながめ(弁当と給食の弁証法;無料食堂試論 ほか)
  • 第4章 縁食のにぎわい(死者と食べる;食を聴く ほか)
  • 第5章 縁食の人文学(「もれ」について—「直耕」としての食;パンデミックの孤独—「居心地のよい空間」をめぐる人文学)

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BC0405044X
  • ISBN
    • 9784909394439
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    189p
  • 大きさ
    19cm
  • 分類
  • 件名
ページトップへ