書誌事項

大衆の国民化 : ナチズムに至る政治シンボルと大衆文化

ジョージ・L・モッセ著 ; 佐藤卓己, 佐藤八寿子訳

(ちくま学芸文庫, [モ18-1])

筑摩書房, 2021.1

タイトル別名

The nationalization of the masses : political symbolism and mass movements in Germany from the Napoleonic wars through the Third Reich

タイトル読み

タイシュウ ノ コクミンカ : ナチズム ニ イタル セイジ シンボル ト タイシュウ ブンカ

大学図書館所蔵 件 / 114

注記

原著 (c1975) の翻訳

柏書房1994年2月刊の文庫化

原注: p412-442

シリーズ番号はブックジャケットによる

内容説明・目次

内容説明

フランス革命からナチズムまで、一世紀半におよぶ発展を遂げた“新しい政治”。それは合理的討論よりも神話やシンボル、儀礼や祝祭への大衆参加によって駆動する、ドラマとしての民主政治であった。本書ではナチズムをこの“新しい政治”による国民主義の極致と位置づけ、ドイツでの国民主義の展開を大衆儀礼やシンボルの政治史として捉え直す。聖火、整列行進、国民的記念碑や建築等のシンボル発展の過程を辿り、体操家や合唱団や教会、さらには労働者組織までがナチズムの政治的祭祀に統合されていく様子を赤裸々に描き出す。ナチズムを大衆操作ではなく大衆の合意形成運動として捉え、ファシズム研究の新局面を拓いた名著。

目次

  • 第1章 新しい政治
  • 第2章 政治の美学
  • 第3章 国民的記念碑
  • 第4章 公的祝祭—源流と展開
  • 第5章 公的祝祭—演劇と大衆運動
  • 第6章 諸組織の参入
  • 第7章 労働者の貢献
  • 第8章 ヒトラーの美意識
  • 第9章 政治的祭祀

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ