ジェンダーで見るヒットドラマ : 韓国、アメリカ、欧州、日本

書誌事項

ジェンダーで見るヒットドラマ : 韓国、アメリカ、欧州、日本

治部れんげ著

(光文社新書, 1137)

光文社, 2021.6

タイトル別名

ジェンダーで見るヒットドラマ : 韓国アメリカ欧州日本

タイトル読み

ジェンダー デ ミル ヒット ドラマ : カンコク、アメリカ、オウシュウ、ニホン

大学図書館所蔵 件 / 109

注記

参考文献: p327

内容説明・目次

内容説明

ベタ設定の「愛の不時着」はなぜ世界でヒットしたのか?「半沢直樹」のパワハラがいまだにウケる日本はヤバイ!?欧米ドラマで夫がすぐに捨てられる理由は?韓国ドラマの姑はなぜしつこいのか?—エンタメ性の高い連続ドラマには、必ずその国の世相が反映される。いまやビジネスにも家庭円満にも欠かせなくなった「ジェンダー視点」でドラマを見れば、世界のいまも見えてくる。韓国「椿の花咲く頃」「SKYキャッスル」、アメリカ「ハンドメイズ・テイル」「ザ・グッド・ファイト」、カナダ「アウトブレイク」、欧州「コペンハーゲン」、そして日本「きのう何食べた?」等々、世界各国から選んだ22本のドラマを、業界随一のジャナーリストがジェンダー視点で読みとく。楽しく読んで、そして見て、ジェンダー観をアップデート!

目次

  • 序章 ジェンダーでドラマを見ると社会がクリアに見えてくる(ストーリー展開をジェンダー視点で見る;ところで、ジェンダーって、なんだっけ? ほか)
  • 第1章 ジェンダー意識の高い韓国ドラマは厳しい格差社会の反動?(総論:社会的テーマを正面から描く韓国ドラマ;世界中を惹きつけたケアするヒーローと自立したヒロイン 愛の不時着 ほか)
  • 第2章 経済と性暴力の問題を統合するアメリカドラマ(総論:「人権」と「経済」が地続きのアメリカドラマ;BLM、#Me Too、大統領弾劾…「トランプの時代」に挑んだ女たちの法廷ドラマ ザ・グッド・ファイト ほか)
  • 第3章 稼ぐ女性は見ていて辛い!?日本ドラマのジェンダー・ステレオタイプ(総論:二者択一の価値観の残る日本ドラマ;大ヒットドラマで見る「すべてかゼロか」を迫る日本社会の闇 半沢直樹/私の家政夫ナギサさん ほか)
  • 第4章 欧州とカナダのドラマに見る自己決定と幸せの相関(総論:幸せになるために必要な「自分の人生を自分で決める自由」;新型コロナの“予言ドラマ”が提示した女たちのプロフェッショナリズム アウトブレイク—感染拡大 ほか)

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ