高地文明 : 「もう一つの四大文明」の発見

書誌事項

高地文明 : 「もう一つの四大文明」の発見

山本紀夫著

(中公新書, 2647)

中央公論新社, 2021.6

タイトル別名

もう一つの四大文明の発見

タイトル読み

コウチ ブンメイ : 「モウ ヒトツ ノ ヨンダイ ブンメイ」ノ ハッケン

大学図書館所蔵 件 / 265

注記

主要参考文献: p316-323

内容説明・目次

内容説明

「四大文明」は、ナイルや黄河などの大河のほとりで生まれたとされる。しかし、これら以外にも、独自の文明が開花し、現代の私たちに大きな影響を与えた地がある。それが熱帯高地だ。本書はアンデス、メキシコ、チベット、エチオピアの熱帯高地に生まれ、発展してきた四つの古代文明を紹介。驚くほど精巧な建築物から、環境に根ざした独特な栽培技術や家畜飼育の方法、特色ある宗教まで、知られざる文明の全貌を解き明かす。

目次

  • 第1章 歴史教科書の記述は正しいか
  • 第2章 「高地文明」の発見にむけて
  • 第3章 「それは雑草から始まった」—メキシコ中央高原に栄えた石器文明
  • 第4章 ジャガイモが生んだアンデス高地の文明—ティティカカ湖畔にて
  • 第5章 高地文明としてのインカ帝国—天空の帝国が生んだ文明
  • 第6章 チベットの高地文明—チンコーとヤクとチベット仏教
  • 第7章 もうひとつの例—エチオピア高地の文明
  • 終章 「大河文明」説の見直しに迫る

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ