物語イスタンブールの歴史 : 「世界帝都」の1600年

書誌事項

物語イスタンブールの歴史 : 「世界帝都」の1600年

宮下遼著

(中公新書, 2663)

中央公論新社, 2021.9

タイトル別名

イスタンブールの歴史 : 物語 : 世界帝都の1600年

タイトル読み

モノガタリ イスタンブール ノ レキシ : 「セカイ テイト」ノ 1600ネン

大学図書館所蔵 件 / 251

注記

参考文献: p277-284

内容説明・目次

内容説明

ローマ帝国の混乱を収めたコンスタンティヌス一世が三三〇年に建設した「新ローマ」から、一九二二年のオスマン帝国滅亡まで一六〇〇年余り、「世界帝都」として繁栄したイスタンブール。本書は、ビザンツとオスマン、二つの帝国支配の舞台となったこの地の案内記である。城壁に囲まれた旧市街から、西欧化の象徴である新市街、東の玄関口アジア岸、そして近代のメガシティへ—複雑多彩な古都を愉しむ時間旅行。

目次

  • 序章 世界帝都の記憶と身体
  • 第1章 世界の中心—旧市街東部・南部
  • 第2章 壁外へ至る門前町—旧市街西部
  • 第3章 愉楽と混沌の異人街—新市街南部、ガラタ城市とその周辺
  • 第4章 都人の行楽地—ボスポラス海峡沿岸
  • 第5章 アジア、あるいはアナトリア
  • 第6章 花開く近代—新市街北部、ペラ、ハルビイェ
  • 第7章 新都心とバンリュー
  • 終章 世界帝都の夢を見る世界都市

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ