書誌事項

革命論

ハンナ・アーレント [著] ; 森一郎訳

みすず書房, 2022.4

タイトル別名

Über die Revolution

On revolution

タイトル読み

カクメイロン

大学図書館所蔵 件 / 138

注記

人名・著作名索引: 巻末pi-viii

事項索引: 巻末pix-xxii

ドイツ語原書ペーパーバック第4版(München : Piper, 1994)の日本語版

英語版タイトル: On revolution

内容説明・目次

内容説明

アメリカ革命とフランス革命の考察を中心に、創設の意味、代表制や評議会制のあり方など、「新しい始まりはいかにして生じるか」という著者の根本的問題意識が全体を通底する主著の一つ、『革命について』のドイツ語版からの新訳である。アーレント自身が英語から母語に翻訳したドイツ語版からの邦訳刊行は、著者の思考をより生き生きと伝えるものとして、本書およびアーレント理解に大いに貢献するだろう。

目次

  • 序論 戦争と革命
  • 第1章 歴史的背景
  • 第2章 社会問題
  • 第3章 「幸福の追求」
  • 第4章 創設—自由の構成 CONSTITUTIO LIBERTATIS
  • 第5章 時代の新秩序 NOVUS ORDO SAECLORUM
  • 第6章 革命の伝統と、革命精神

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BC14193829
  • ISBN
    • 9784622090793
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 原本言語コード
    ger
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    vii, 451, xxiip
  • 大きさ
    22cm
  • 分類
  • 件名
ページトップへ