廃炉とは何か : もう一つの核廃絶に向けて

書誌事項

廃炉とは何か : もう一つの核廃絶に向けて

尾松亮著

(岩波ブックレット, No.1066)

岩波書店, 2022.8

タイトル別名

廃炉とは何か : もう一つの核廃絶に向けて

タイトル読み

ハイロ トワ ナニ カ : モウ ヒトツ ノ カク ハイゼツ ニ ムケテ

大学図書館所蔵 件 / 224

内容説明・目次

内容説明

福島原発事故から10年以上が過ぎた。政府・東電は「40年廃炉」に向け進行中と言うが、そもそも事故炉の廃炉とは何をすることで、一体それは可能なのか。技術的不確実性の中、長期間を要するその工程をどうルール化し、誰の責任でどこまで行わせるのか。スリーマイル、チェルノブイリという二つの重要な先例と比較しながら検討する。あわせて、大量廃炉時代に突入した今、老朽原発を含めた原発廃炉のもつ人類史的重要性を指摘する。

目次

  • 序章 不可解な廃炉スケジュール—福島第一は四〇年で第二は四四年?
  • 第1章 「廃炉」は何を目指すのか
  • 第2章 「四〇年廃炉」スケジュールはどうやって組み立てられたか
  • 第3章 素通りされたスリーマイルの教訓
  • 第4章 知られざるチェルノブイリの知恵
  • 第5章 危うい現在地から問う「廃炉とは何か」
  • 終章 「もう一つの核廃絶」に向けて

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ