「情報自由法」で社会を変える! : 情報開示最強ツールの実践ガイド

書誌事項

「情報自由法」で社会を変える! : 情報開示最強ツールの実践ガイド

ジョン・ミッチェル [著] ; 阿部小涼訳

(岩波ブックレット, No.1073)

岩波書店, 2023.1

タイトル別名

情報自由法で社会を変える : 情報開示最強ツールの実践ガイド

タイトル読み

ジョウホウ ジユウホウ デ シャカイ オ カエル : ジョウホウ カイジ サイキョウ ツール ノ ジッセン ガイド

大学図書館所蔵 件 / 199

注記

参考文献: 巻末

内容説明・目次

内容説明

専門家でもジャーナリストでも、米国人である必要もなく、誰もが米国政府の文書にアクセスする「情報自由法」。アメリカは日本で何をしているのか?米軍の犯罪は隠蔽されていないか?地位協定をはじめとする機密性の壁に覆われた日米関係が、情報自由法を使って解明できる!申請書や経過確認、不服申立てに必要な英文サンプルレターも収録。

目次

  • はじめに—なぜ「情報の自由」は重要なのか
  • 1章 情報自由法(FOIA)の歴史
  • 2章 FOIAの請求方法
  • 3章 事例研究で学ぶFOIA その1 米海兵隊員の新任研修
  • 4章 事例研究で学ぶFOIA その2 CIAの日本での活動
  • 5章 事例研究で学ぶFOIA その3 米軍による環境破壊の隠蔽工作
  • 6章 事例研究で学ぶFOIA その4 在日米軍の犯罪—日米地位協定の壁の向こう側を調査する
  • 7章 事例研究で学ぶFOIA その5 私と日本のメディア、そして日本の当局に対する攻撃
  • おわりに—「情報の自由」と日本

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ