足利将軍たちの戦国乱世 : 応仁の乱後、七代の奮闘

書誌事項

足利将軍たちの戦国乱世 : 応仁の乱後、七代の奮闘

山田康弘著

(中公新書, 2767)

中央公論新社, 2023.8

タイトル別名

足利将軍たちの戦国乱世 : 応仁の乱後七代の奮闘

タイトル読み

アシカガ ショウグン タチ ノ センゴク ランセイ : オウニン ノ ラン ゴ、ナナダイ ノ フントウ

大学図書館所蔵 件 / 228

注記

主要参考文献: p219-221

内容説明・目次

内容説明

足利将軍家を支える重臣たちの争いに端を発した応仁の乱。その終結後、将軍家は弱体化し、群雄割拠の戦国時代に突入する。だが、幕府はすぐに滅亡したわけではない。九代義尚から十五代義昭まで、将軍は百年にわたり権威を保持し、影響力を行使したが、その理由は何か―。歴代将軍の生涯と事績を丹念にたどり、各地の戦国大名との関係を解明。「無力」「傀儡」というイメージを裏切る、将軍たちの生き残りをかけた戦いを描く。

目次

  • 序章 戦国時代以前の将軍たち
  • 第1章 明応の政変までの道のり―九代将軍義尚と一〇代将軍義稙
  • 第2章 「二人の将軍」の争い―義稙と一一代将軍義澄
  • 第3章 勝てずとも負けない将軍―一二代将軍義晴
  • 第4章 大樹ご生害す―一三代将軍義輝
  • 第5章 信長を封じこめよ―一五代将軍義昭
  • 終章 なぜすぐに滅びなかったのか

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ