バロック美術 : 西洋文化の爛熟

書誌事項

バロック美術 : 西洋文化の爛熟

宮下規久朗著

(中公新書, 2776)

中央公論新社, 2023.10

タイトル読み

バロック ビジュツ : セイヨウ ブンカ ノ ランジュク

大学図書館所蔵 件 / 243

注記

主要参考文献: p310-318

内容説明・目次

内容説明

西洋文化の頂点、バロック様式。17世紀を中心に花開いたバロックの建築・彫刻・絵画は、ルネサンス期の端正で調和のとれた古典主義に対し、豪華絢爛で躍動感あふれる表現を特徴とする。本書は、カラヴァッジョ、ルーベンス、ベルニーニ、ベラスケス、レンブラント、フェルメールらの代表的名作を網羅。美術史上の位置づけ、聖俗の権力がせめぎ合う時代背景など、バロック美術の本質を読み解く。カラー写真200点以上。

目次

  • 第1章 聖―カトリック改革とバロックの舞台
  • 第2章 光と陰―カラヴァッジョの革新とその系譜
  • 第3章 死―殉教と疫病
  • 第4章 幻視と法悦―幻視絵画から総合芸術へ
  • 第5章 権力―教皇と絶対王政
  • 第6章 永遠と瞬間―古典主義と風俗画
  • 第7章 増殖―辺境のバロック

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BD04436218
  • ISBN
    • 9784121027764
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    ix, 318p
  • 大きさ
    18cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ