ゲマインシャフトとゲゼルシャフト : 純粋社会学の基本概念

書誌事項

ゲマインシャフトとゲゼルシャフト : 純粋社会学の基本概念

テンニエス著 ; 杉之原寿一訳

(岩波文庫, 白-159〜160,5867-5868,5869-5870, 白(34)-207-1,2)

岩波書店, 1957.11-1957.12

タイトル別名

Gemeinschaft und Gesellschaft : Grundbegriffe der reinen Soziologie

タイトル読み

ゲマインシャフト ト ゲゼルシャフト : ジュンスイ シャカイガク ノ キホン ガイネン

大学図書館所蔵 件 / 295

注記

底本: 原著第8版 (1935)。序文は原著第2版より訳出。

折り込図1枚: 下: 概念一覧表

内容説明・目次

巻冊次

上 ISBN 9784003420713

内容説明

テンニエスは人間の意志を本質意志と選択意志に区分し、この二典型に対応して社会を実在的有機的生活としてのゲマインシャフトと観念的機械的構成体としてのゲゼルシャフトに区別して社会生活の根本問題を分析する。19世紀における合理主義と歴史主義の対立の克服綜合を試みた社会科学における不滅の書。

目次

  • 第1篇 主要概念の一般的規定(ゲマインシャフトの理論;ゲゼルシャフトの理論)
  • 第2篇 本質意志と選択意志(人間の意志の諸形式)
巻冊次

下 ISBN 9784003420720

内容説明

社会をゲマインシャフトとゲゼルシャフトに二大分した著者は、それぞれをさらに植物的、動物的、人間的とよばれる生命発展の3段階に対応させて、家族(血縁社会)・村落(地縁社会)・都市(友情社会)、および、大都市・国民・世界の6つの範疇に分析する。こうしてゲマインシャフトからゲゼルシャフトへの社会発展の方式が明らかにされてゆく。

目次

  • 第2篇 本質意志と選択意志(対立の解明;経験的意味)
  • 第3篇 自然法の社会学的基礎(定義と命題;法の自然的要素;結合された意志の諸形式—共同体と国家)
  • 附言 結論と概観

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BN00913315
  • ISBN
    • 4003420713
    • 4003420721
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 原本言語コード
    ger
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    2冊
  • 大きさ
    15cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ