甦える中世ヨーロッパ

書誌事項

甦える中世ヨーロッパ

阿部謹也著

日本エディタースクール出版部, 1987.7

タイトル読み

ヨミガエル チュウセイ ヨーロッパ

大学図書館所蔵 件 / 321

内容説明・目次

内容説明

中世ヨーロッパの人びとは何を恐れ何を尊いと感じ、どのような人生を送ったのか。本書は、いまだに多くの謎を残すヨーロッパ世界のさまざまな局面を、中世にまでさかのぼり、そこに生きた人びとの宇宙観の変化や心の動きに焦点をあてながら考察したものである。200点余の絵画や彫刻を素材にくりひろげられる生きた中世のコスモス。NHK市民大学のテキストを全面的に改訂した決定版!

目次

  • 1 謎にみちた中世
  • 2 二つの宇宙
  • 3 中世建築の怪物たち
  • 4 中世都市の時間と空間
  • 5 死生観の転換
  • 6 富める者と貧しき者
  • 7 若き騎士の遍歴
  • 8 手仕事と学問
  • 9 子どもの発見
  • 10 二つの宇宙の狭間で
  • 11 中世の音の世界
  • 12 絵画に見る中世社会

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

ページトップへ