図解恐竜はどんな生物だったか : その素顔と生活をさぐる

書誌事項

図解恐竜はどんな生物だったか : その素顔と生活をさぐる

福田芳生著

(ブルーバックス, B-675)

講談社, 1987.1

タイトル読み

ズカイ キョウリュウ ワ ドンナ セイブツ ダッタカ : ソノ スガオ ト セイカツ オ サグル

大学図書館所蔵 件 / 134

注記

引用参考文献:p286〜287

内容説明・目次

目次

  • 1 マンテル医師とイグアノドン
  • 2 1億年以前の魔の峡谷
  • 3 イグアノドンの正体
  • 4 最古の恐竜テコドント
  • 5 恐竜のミイラ化石
  • 6 恐竜の足の裏はどのような構造をしていたか
  • 7 恐竜の骨細胞はなぜ哺乳類型なのか
  • 8 恐竜のしっぽの腱
  • 9 装甲恐竜のよろい
  • 10 巨大な温度調節器をそなえた恐竜
  • 11 チラノサウルスの前肢はなぜ異常に小さいのか
  • 12 暴君竜チラノサウルスはなぜ絶滅したのか
  • 13 恐竜の歯ぎしり
  • 14 腐った肉を食べた恐竜
  • 15 恐竜の舌はどんな仕組をしていたか〔ほか〕

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BN01413985
  • ISBN
    • 4061326759
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    295p
  • 大きさ
    18cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ