書誌事項

ゴリラとピグミーの森

伊谷純一郎著

(岩波新書, 青-427)

岩波書店, 1961.8

タイトル読み

ゴリラ ト ピグミー ノ モリ

大学図書館所蔵 件 / 301

内容説明・目次

内容説明

人間にもっとも近い類人猿の一つゴリラは、いまや絶滅に瀕しつつある。ゴリラが住む森のなかには、アフリカ大陸最古の民族であるピグミー族が原始的な狩猟採集の生活を送っていた。日本ザルの研究者として知られる著者が、一九五八、六〇年の二度にわたり、アフリカ奥地にゴリラを追跡し、ピグミー族と生活を共にした貴重な記録。

目次

  • 1 人猿の国
  • 2 動乱のコンゴをのぞく
  • 3 入らずの森に入る
  • 4 ゴリラを追って
  • 5 秘境アカゲジブイヨレレ
  • 6 森の中の小さな猟人たち
  • 7 森を出てサバンナへ
  • 8 タンガニイカの旅

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BN01860495
  • ISBN
    • 4004160995
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    322p, 図版[4]p
  • 大きさ
    18cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ