中国中世都市紀行 : 宋代の都市と都市生活

書誌事項

中国中世都市紀行 : 宋代の都市と都市生活

伊原弘著

(中公新書, 897)

中央公論社, 1988.10

タイトル読み

チュウゴク チュウセイ トシ キコウ : ソウダイ ノ トシ ト トシ セイカツ

大学図書館所蔵 件 / 194

注記

参考文献:p223-226

内容説明・目次

内容説明

空前の大帝国・唐と、その版図を再建した明は、それぞれ長安、北京という華麗な帝都をもった。これに対して、この間に挾まれたひ弱な帝国・宋は、荷車の轍のきしむ音とともに早朝から物売りの声が飛び交い、講釈師の熱をおびた声が響く、猥雑ではあるが庶民のエネルギーが充満する盛り場を現出させた。本書は、日記や見聞記は勿論、宋代都市を写す古地図や絵図を駆使して、そこに展開される営みを点描に、原風景の再生を試みる。

目次

  • 1 中世の旅
  • 2 中世の都市へ
  • 3 城郭内の変化
  • 4 都市・蘇州
  • 5 都市生活の展開
  • 6 都市の24時間
  • 7 もう一つの首都

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ