書誌事項

ルネサンスの美術

ローザ・マリア・レッツ著 ; 鈴木杜幾子訳

(ケンブリッジ西洋美術の流れ, 3)

岩波書店, 1989.3

タイトル別名

The Renaissance

タイトル読み

ルネサンス ノ ビジュツ

大学図書館所蔵 件 / 267

注記

参考文献: p104

内容説明・目次

内容説明

ギリシア・ローマ古典文化への関心と人文主義は、美術に大きな実を結び、続く世紀の基盤となるような諸様式を生んだ。本書は、芸術家とパトロンの新しい関係に注目しながら、メディチ家、ウルビーノ宮廷、ローマ教皇庁などのもとでの芸術を生き生きと描く。

目次

  • 序 マザッチオ—現実の解釈者
  • 1 ルネサンス芸術の起源
  • 2 フィレンツェの初期ルネサンス、1400‐1450
  • 3 ルネサンス芸術に表わされた自然と空間と現実
  • 4 初期ルネサンスの芸術家とパトロン
  • 5 世紀末の緊張と実験
  • 6 北イタリアのルネサンス
  • 7 盛期ルネサンス
  • 8 完璧な芸術

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ