債務危機の真実 : なぜ第三世界は貧しいのか

書誌事項

債務危機の真実 : なぜ第三世界は貧しいのか

スーザン・ジョージ著 ; 向壽一訳

(朝日選書, 380)

朝日新聞社, 1989.6

タイトル別名

A fate worse than debt

タイトル読み

サイム キキ ノ シンジツ : ナゼ ダイサン セカイ ワ マズシイノカ

大学図書館所蔵 件 / 229

内容説明・目次

内容説明

IMF・世界銀行の開発政策に乗って無用の大型プロジェクトを売りつける外国企業。膨大な貸付金の利子稼ぎに狂奔する銀行。リベートを着服し蓄財に励む第三世界の独裁者とエリートたち—。累積債務の真犯人を鋭く告発し、借金支払いのため貧困のどん底であえぐ民衆を救う真の解決策を提示する。

目次

  • 登場人物と課題(1兆ドルとはいくらか;カネを売る人びと;IMF—彼らに特別引出権を与えよ;債務危機宣告?—貿易のわなとデフォルトの危険性)
  • 民衆と地球(モロッコ—干渉モデルと苦い結末;アフリカの債務—黒人の負担;ザイール—絶対零度;ラテン・アメリカ—債務と衰退;ラテン・アメリカ—極端に走る;債務と環境—環境破壊融資)
  • いま何をすべきか(IMFの解決策—ジャマイカでの干渉、ミス・マネージメント、そして失敗;債務の取り扱い—「北」からの見解;混乱との闘い—「南」からの見解;三D解決策—債務、開発、民主主義)
  • 哲学的あとがき

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ