音楽の「現代」が始まったとき : 第二帝政下の音楽家たち

書誌事項

音楽の「現代」が始まったとき : 第二帝政下の音楽家たち

浅井香織著

(中公新書, 938)

中央公論社, 1989.9

タイトル別名

音楽の現代が始まったとき : 第二帝政下の音楽家たち

タイトル読み

オンガク ノ「ゲンダイ」ガ ハジマッタ トキ : ダイニ テイセイカ ノ オンガクカ タチ

大学図書館所蔵 件 / 184

注記

参考文献: p291-294

内容説明・目次

内容説明

フランス第二帝政期、それは“偽王”ルイ・ボナパルトの指揮する、いかがわしくも活気に満ちた虚飾の時代であった。成上り者のブルジョワと欲望露わな大衆が共存するパリにあって、芸術は快楽として消費される記号にすぎず、芸術家は大衆により操作されつつ大衆を操作する新しい戦略を余儀なくされる。本書は、胡散臭いパリのざわめきを取り込み増殖させて鳴り響く音楽を、様々なミリューの中で聞きとろうとする野心的試みである。

目次

  • 第1章 第二帝政のミリュー(再版ブリュメール18日と民衆;第2節 ブルヴァールと民衆;第3節 知の売り手と民衆)
  • 第2章 音楽のミリュー(劇場のミリュー;音楽教育機関のミリュー;演奏団体のミリュー)

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ