書誌事項

変化の原理 : 問題の形成と解決

P.ワツラウィック, J.H.ウィークランド, R.フィッシュ著 ; 長谷川啓三訳

(りぶらりあ選書)

法政大学出版局, 1992.6

タイトル別名

Change : principles of problem formation and problem resolution

タイトル読み

ヘンカ ノ ゲンリ : モンダイ ノ ケイセイ ト カイケツ

大学図書館所蔵 件 / 172

注記

参考文献: 巻末p7-14

原著 (New York : W.W. Norton, 1974) の全訳

内容説明・目次

内容説明

人をいかに変化させるか。どのようにして人間の問題は生起し、持続したりまた解決にいたるのか。変化の現象一般に焦点を当て従来見過ごされてきたその種類や性質をも把握しつつ具体的・実践的な事例を引用し問題の解決へと導き、学校、企業、地域、民族、国家といった社会のシステム一般をつらぬく変化の理論の構築を試みる。〈家族療法〉という心理療法上の新パラダイムを拓いたワツラウィックらの思考の原点を明確に示す。

目次

  • 第1部 持続と変化(理論的な見通し;実践的な見通し)
  • 第2部 問題形成(「同じことの繰返し」もしくは解決が問題になってしまう時;極端な問題軽視;ユートピア・シンドローム;パラドクス)
  • 第3部 問題解決(第2次変化;リフレイミング技法;変化の実践;変化の実践—事例検討;さらなる見通し)

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BN07823811
  • ISBN
    • 4588021354
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 原本言語コード
    eng
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    vii, 221, 14p
  • 大きさ
    20cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ