書誌事項

台湾 : 分裂国家と民主化

若林正丈著

(東アジアの国家と社会 / 猪口孝編, 2)

東京大学出版会, 1992.10

タイトル別名

Taiwan : democratization in a divided country

タイトル読み

タイワン : ブンレツ コッカ ト ミンシュカ

大学図書館所蔵 件 / 346

注記

欧文タイトルは標題紙裏による

文献一覧: p294-301

内容説明・目次

内容説明

戦後中国の内戦と東西冷戦の環境の中で成立した分裂国家台湾は、70年代末から権威主義体制に訣別し、民主化の方向を歩んでいる。本書は、台湾型の権威主義体制=党国体制の確立・展開・修正・移行を歴史的にあとづけ、民主化と「台湾化」の帰趨を探る。

目次

  • 序章 本書の視角
  • 第1部 戦後台湾の国民党国家(前史—「光復」の重荷;党国体制の確立;党国体制と台湾社会)
  • 第2部 分割払いの民主化(経済発展と社会の変容;国民党国家の変容と対外危機;拡大する「自由の隙間」—移行前期;民主化と「国体」の相剋—移行後期;分裂国家と民主化)

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ