発明 : アイディアをいかに育てるか

書誌事項

発明 : アイディアをいかに育てるか

N. ウィーナー [著] ; 鎮目恭夫訳

みすず書房, 1994.7

タイトル別名

Invention : the care and feeding of ideas

タイトル読み

ハツメイ : アイディア オ イカニ ソダテルカ

大学図書館所蔵 件 / 193

注記

原書: MIT Press, c1993

"with an introduction by Steve Joshua Heims"

索引: 巻末i-iii

内容説明・目次

内容説明

アイディアを生み育てるに最良の環境とは。歴史と現代アメリカの事例に観察し、90年代科学技術社会のディレンマも予見した。天才数学者ウィーナーの遺稿。

目次

  • 1 発明の必要と発明のための条件
  • 2 知的風土と発明
  • 3 独創的アイディアに好都合な環境と不都合な環境
  • 4 技術的風土と発明
  • 5 社会的風土と発明
  • 6 二十世紀初めの科学的風土
  • 7 発明をめぐる現在の社会的環境—メガドル科学
  • 8 発明をめぐる現在の科学的環境
  • 9 発明の計算できないリスクと経済環境
  • 10 特許と発明:アメリカの特許制度
  • 11 目標と問題

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BN11222779
  • ISBN
    • 4622039524
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 原本言語コード
    eng
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    ii, 197, iiip
  • 大きさ
    20cm
  • 分類
  • 件名
ページトップへ