書誌事項

イギリス王室物語

小林章夫著

(講談社現代新書, 1283)

講談社, 1996.1

タイトル読み

イギリス オウシツ モノガタリ

大学図書館所蔵 件 / 208

注記

文献案内: p209-214

内容説明・目次

内容説明

千年の伝統をもち、今も華麗に輝くイギリス王室。「残虐非道」のヘンリー八世、自信家の処女王エリザベス一世、快楽の王子ジョージ四世など、大英帝国の栄光を築いた強烈な個性たちを描く。

目次

  • プロローグ イギリス王室とは
  • 1 ヘンリー八世—残虐非道と呼ばれても
  • 2 エリザベス一世—空前絶後の王である私
  • 3 ジェームズ一世—悪魔学の専門家
  • 4 チャールズ二世—放蕩に死す
  • 5 ジョージ一世—総理大臣を生んだ政治的無関心
  • 6 ジョージ四世—快楽の王子
  • 7 ヴィクトリア女王—大英帝国の絶頂と貞淑な女王
  • 8 エドワード八世—王冠か恋か
  • エピローグ 今日のイギリス王室

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ