非線形多変量解析 : ニューラルネットによるアプローチ

書誌事項

非線形多変量解析 : ニューラルネットによるアプローチ

豊田秀樹著

(統計ライブラリー)

朝倉書店, 1996.2

タイトル読み

ヒセンケイ タヘンリョウ カイセキ : ニューラル ネット ニヨル アプローチ

大学図書館所蔵 件 / 246

注記

引用文献: p[167]-168

内容説明・目次

内容説明

本書では、やさしい記述による理論の説明、日常生活でなじみの深い応用例の紹介を通じて、実用的な意味での非線形多変量解析法(nonlinear multivariate analysis)の可能性とその有効性について論じていく。また同時に、心理学、教育学、社会学、人類学、医学、生物学、経済学、政治学、経営学、理学、工学、製品開発、マーケティングなどの分野でデータ解析を必要とする読者に、多変量解析法(multivariate analysis)とニューラルネットワークモデル(neural network model)の入門的な解説を行う。

目次

  • 1 非線形多変量解析
  • 2 ニューロンのモデル化
  • 3 現代パーセプトロン
  • 4 非線形判別分析
  • 5 非線形主成分分析
  • 6 非線形回帰分析

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ