国際社会学のパースペクティブ : 越境する文化・回帰する文化

書誌事項

国際社会学のパースペクティブ : 越境する文化・回帰する文化

梶田孝道著

(社会学シリーズ)

東京大学出版会, 1996.7

タイトル別名

Transnational sociology : a critical analysis of culture and civilization

タイトル読み

コクサイ シャカイガク ノ パースペクティブ : エッキョウ スル ブンカ カイキ スル ブンカ

大学図書館所蔵 件 / 307

注記

文献: p295-307

人名・事項索引: p315-320

英文標題は標題紙裏による

内容説明・目次

内容説明

本書は、「国際社会学」の視角からする「民族」と「文化」の分析である。主要には、ヨーロッパ連合(EU)と名称を変え、地域統合を押し進めると同時に、外国人やムスリム(イスラム教徒)に関係する形で「文化」と「文明」の問題に揺れる現代ヨーロッパを扱う。また、そうしたヨーロッパの現実をふまえながら、世界各地で問題となり論争を引き起こしている「多文化主義」や「文明の衝突」というテーマについて議論を行っている。

目次

  • 序 国際社会学からのアプローチ
  • 1章 ヨーロッパ統合と民族・宗教問題—「文化的多様性」をめぐって
  • 2章 ポスト・ナショナルな社会空間の誕生—ヨーロッパは「想像の共同体」たりうるか
  • 3章 統合のなかの分離—ヨーロッパのいくつかの地域・民族に着目して
  • 4章 ナショナリズムを生み出すもの—右傾化するヨーロッパ
  • 5章 「移植されたイスラム」のゆくえ—ヨーロッパとイスラム
  • 6章 揺れ動く国民/外国人の境界—「ナシオン」と「フォルク」再考
  • 7章 外国人の参政権—西欧諸国の対応
  • 8章 「多文化主義」の論争点—概念の明確化のために
  • 9章 「文明」の問題と「文化」の問題—「文明の衝突」論批判
  • 10章 合理主義・ポストモダニズム・原理主義—並存する3つのリアリティ

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ