書誌事項

兎の眼

灰谷健次郎[著]

(角川文庫, 10634)

角川書店, 1998.3

タイトル読み

ウサギ ノ メ

大学図書館所蔵 件 / 136

注記

初出: 1974年7月理論社。1984年12月新潮文庫

18版(2007.3)の発売元: 角川グループパブリッシング

30版(2013.6)の発売元: 角川グループホールディングス

内容説明・目次

内容説明

大学を出たばかりの新任教師・小谷芙美先生が受け持ったのは、学校では一言も口をきこうとしない一年生・鉄三。決して心を開かない鉄三に打ちのめされる小谷先生だったが、鉄三の祖父・バクじいさんや同僚の「教員ヤクザ」足立先生、そして学校の子どもたちとのふれ合いの中で、苦しみながらも鉄三と向き合おうと決意する。そして小谷先生は次第に、鉄三の中に隠された可能性の豊かさに気付いていくのだった…。学校と家庭の荒廃が叫ばれる現在、真の教育の意味を改めて問いかける。すべての人の魂に、生涯消えない圧倒的な感動を刻みつける、灰谷健次郎の代表作。

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BA37813597
  • ISBN
    • 9784043520015
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    339p
  • 大きさ
    15cm
  • 分類
  • 親書誌ID
ページトップへ