書誌事項

いのち・開発・NGO : 子どもの健康が地球社会を変える

デイヴィッド・ワーナー, デイヴィッド・サンダース [著] ; 池住義憲, 若井晋監訳

新評論, 1998.11

タイトル別名

The politics of primary health care and child survival

Questioning the solution : the politics of primary health care and child survival with an in-depth critique of oral rehydration therapy

開発と文化を問うシリーズ

タイトル読み

イノチ・カイハツ・NGO : コドモ ノ ケンコウ ガ チキュウ シャカイ オ カエル

大学図書館所蔵 件 / 313

注記

原書 (1997) の翻訳

帯によるシリーズ名: <開発と文化を問う>シリーズ5

本書の理解を助けるための日本語文献: p410-411

保健の政治学に関する重要文献: p406-409

内容説明・目次

内容説明

社会開発、国際協力、保健医療学徒のバイブル!地球規模で考え地域で行動しよう!先進的国際保健NGOが、健康の社会・政治的決定要因を究明。

目次

  • 序論 実現しなかった約束—国際保健・開発戦略の失敗
  • 第1部 プライマリ・ヘルス・ケアの勃興と没落(ある乳児の生と死—ラクの場合;第三世界での西洋医学モデルの失敗と功績;プライマリ・ヘルス・ケアの制度化 ほか)
  • 第2部 経口補水療法(ORT)—下痢による死への解決策か(下痢—子どもの主要な死因;経口補水論争—経口補水塩(ORS)パケットか自家製補水液か;経口補水療法(ORT)活動を脅かす未解決の問題 ほか)
  • 第3部 人々の健康を決定する真の原因は何か(歴史的に異なる時代、異なった地域での健康状態;瀕死の世界での「健全」な利潤—三つの「殺し屋産業」と子どもの健康;健康を投資に変えて—世界銀行によるアルマ・アタへの死の一撃 ほか)
  • 第4部 貧しい人々をエンパワーする—公正をめざすイニシアティブ(保健、エンパワーメント、社会変革;モザンビークにおける地域に根ざした下痢対策;ジンバブエでの国をあげての小児補助食プログラム ほか)
  • 追記 ユニセフとWHOの役割

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

ページトップへ