書誌事項

島嶼部

池端雪浦編

(世界各国史, 6 . 東南アジア史||トウナン アジアシ ; 2)

山川出版社, 1999.5

新版

タイトル読み

トウショブ

大学図書館所蔵 件 / 424

注記

年表: 巻末p22-45

参考文献: 巻末p46-56

巻末頁がp65のものあり(1版2刷2004.7, 1版3刷2008.10): 参考文献: 巻末p46-57. 図表出典一覧: 巻末p65

内容説明・目次

内容説明

本書が対象とする島嶼部は、現在の国名でいえばインドネシア共和国、フィリピン共和国、マレーシア、シンガポール共和国、ブルネイ・ダルサラーム国から構成されている。しかし本書では、十九世紀まで、この地域を一つの歴史世界として一体として考察する立場をとった。その理由は、欧米の植民勢力によってこの地域が分断され線引きされて、今日の五カ国の母胎となる植民地領域(植民地国家)が成立したのは、今世紀初期のことだったからである。

目次

  • 序章 東南アジアの島嶼部世界
  • 第1章 古代の栄光
  • 第2章 交易の時代と近世国家の成立
  • 第3章 近世国家の展開
  • 第4章 近世国家の終焉と植民地支配の進行
  • 第5章 近代植民地の展開と日本の占領
  • 第6章 脱植民地化の道
  • 第7章 国民国家をめざして

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ