そうだったのか!現代史

書誌事項

そうだったのか!現代史

池上彰著

ホーム社 , 集英社 (発売), 2000.11-

  • [パート1]
  • パート2

タイトル別名

そうだったのか現代史

タイトル読み

ソウダッタノカ!ゲンダイシ

大学図書館所蔵 件 / 324

注記

パート1: もっと知りたい人のために (参考図書・ビデオ): p230-231

パート1: 参考年表: p232-237

パート1: 主要参考文献: p238-239

パート2: もっと知りたいひとのために: p240-241

パート2: 主要参考文献: p242-245

パート2: 参考年表: p246-251

内容説明・目次

巻冊次

[パート1] ISBN 9784834250503

内容説明

第二次世界大戦後の現代史を、なるべくやさしく解説。

目次

  • 冷戦が終わって起きた「湾岸戦争」
  • 冷戦が始まった
  • ドイツが東西に分割された
  • ソ連国内で信じられないことが—スターリン批判
  • 中国と台湾はなぜ対立する?
  • 同じ民族が殺し合った—朝鮮戦争
  • イスラエルが生まれ、戦争が始まった
  • 世界は核戦争の縁に立った—キューバ危機
  • 「文化大革命」という壮大な権力闘争
  • アジアの泥沼—「ベトナム戦争」
  • ポル・ポトという悪夢
  • 「ソ連」という国がなくなった
  • 「電波」が国境を越えた!「ベルリンの壁」崩壊
  • 天安門広場が血に染まった
  • お金が「商品」になった
  • 石油が「武器」になった
  • 「ひとつのヨーロッパ」への夢
  • 冷戦が終って始まった戦争 旧ユーゴ紛争
巻冊次

パート2 ISBN 9784834250763

内容説明

なぜアメリカはイラク攻撃を強行したいのか!現代史を知れば、ニュースがわかる、世界の情勢が見えてくる。北朝鮮はなぜ「不可解」な国なのか!15万部のロング・セラー、「そうだったのか!現代史」に続く、池上彰、渾身の書き下ろし第2弾。

目次

  • 第1章 誰がフセインを育てたか—イラクが軍事大国になるまで
  • 第2章 アフガニスタンが戦場になった—ソ連軍侵攻と米軍の攻撃
  • 第3章 パレスチナの大地は再び血塗られた
  • 第4章 「モスクワの悲劇」はなぜ起きたのか—チェチェンの人々
  • 第5章 北朝鮮はなぜ「不可解」な国なのか
  • 第6章 南アジアは核戦争の恐怖に怯えた—インドとパキスタンはなぜ仲が悪いのか
  • 第7章 核兵器の拡散—続く戦後世界
  • 第8章 放射能の大地が残った—チェルノブイリの悲劇
  • 第9章 「花の髪飾り」の抵抗—アウン・サン・スー・チー
  • 第10章 二一世紀最初の国が誕生した—東ティモール独立

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BA49476552
  • ISBN
    • 4834250504
    • 4834250768
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京,東京
  • ページ数/冊数
  • 大きさ
    26cm
  • 分類
  • 件名
ページトップへ