書誌事項

価値観と科学/技術

加藤尚武著

(双書科学/技術のゆくえ)

岩波書店, 2001.7

タイトル読み

カチカン ト カガク ギジュツ

大学図書館所蔵 件 / 314

内容説明・目次

内容説明

21世紀の幕が開いたいま、「無限の進歩」も「生命という聖域」もない。社会科学は「理想の未来」を語れず、「究極の民主主義」もない。そのなかで、科学/技術を評価・判断する主体をつくり、有効な合意を形成するためには、どうすれば良いのか。F・ベーコン以来の技術思想の変遷とさまざまな取り組みを描き、未来へと結ぶ。

目次

  • 第1部 科学/技術と近代精神(行為の拡大と倫理の空白;「近代科学/技術」は存在したか;人間の尊厳は疑いもなく知識のうちに隠れている)
  • 第2部 科学/技術が人間を支配する(諸刃の刃か魔法の箒か;道具と制度;技術の否定的側面)
  • 第3部 人間が科学/技術を支配する(技術の評価主体の形成;安全の情報依存性;技術体系の転換)

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BA52504226
  • ISBN
    • 4000266349
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    xviii, 217p
  • 大きさ
    19cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ