書誌事項

連続性の哲学

パース著 ; 伊藤邦武編訳

(岩波文庫, 青(33)-688-1)

岩波書店, 2001.7

タイトル別名

Reasoning and the logic of things : the Cambridge conferences lectures of 1898

タイトル読み

レンゾクセイ ノ テツガク

大学図書館所蔵 件 / 281

注記

シリーズの番号表示: 「青688-1」, 「33-688-1」の表示あり

原著(Harvard University Press, 1992) 収録の8編の論文の内6編の翻訳

内容説明・目次

内容説明

「アメリカが生んだ最も多才で最も独創的な哲学者」C.S.パースの論文集。科学・論理学・哲学など多方面にわたって革新的な理論を展開した彼の思想の全容を窺わせ、多大な影響を与えた連続講演の主要部分を再編成した。全宇宙の「連続性」の実在をテーマに、推論の分析と存在論的探究が示される。

目次

  • 第1章 哲学と実生活の営み
  • 第2章 論理学の第一規則
  • 第3章 関係項の論理学
  • 第4章 因果作用と力
  • 第5章 習慣
  • 第6章 連続性の論理

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BA52683657
  • ISBN
    • 4003368819
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 原本言語コード
    eng
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    324p
  • 大きさ
    15cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ