書誌事項

肉食タブーの世界史

フレデリック,J.シムーンズ [著] ; 香ノ木隆臣, 山内彰, 西川隆訳

(叢書・ウニベルシタス, 709)

法政大学出版局, 2001.12

タイトル別名

Eat not this flesh : food avoidances from prehistory to the present

タイトル読み

ニクショク タブー ノ セカイシ

大学図書館所蔵 件 / 284

注記

監訳: 山内昶

原著改訂増補版(University of Wisconsin Press, 1994)の全訳

参照文献: 巻末p120-199

内容説明・目次

内容説明

イスラム社会の豚、ヒンドゥー社会の牛をはじめ、馬、犬、鶏、魚などが特定の民族や宗教によって食のタブーとされてきたのはなぜか—古今東西の文献と世界各地の調査をもとに人類史の謎に挑み、詳細な“世界肉食文化地図”を描き出す。

目次

  • 第1章 序論
  • 第2章 豚肉
  • 第3章 牛肉
  • 第4章 鶏肉と卵
  • 第5章 馬肉
  • 第6章 ラクダの肉
  • 第7章 犬肉
  • 第8章 魚肉
  • 第9章 結論

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BA54858547
  • ISBN
    • 4588007092
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 原本言語コード
    eng
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    ix, 473, 199p
  • 大きさ
    20cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ