井上ひさしと141人の仲間たちの作文教室

著者

書誌事項

井上ひさしと141人の仲間たちの作文教室

井上ひさしほか著 ; 文学の蔵編

(新潮文庫, い-14-29)

新潮社, 2002.1

タイトル別名

井上ひさしと141人の仲間たちの作文教室

タイトル読み

イノウエ ヒサシ ト 141ニン ノ ナカマ タチ ノ サクブン キョウシツ

大学図書館所蔵 件 / 124

内容説明・目次

内容説明

まず原稿用紙の使い方、題のつけ方、段落の区切り方、そして中身は自分の一番言いたいことをあくまで具体的に—。活字離れと言われて久しい昨今ですが、実は創作教室、自費出版は大盛況、e‐メールの交換はもう年代を問いません。日本人は物を書くのが好きなんですね。自分にしか書けないことを、誰が読んでも分かるように書くための極意を、文章の達人が伝授します。

目次

  • 作文の秘訣を一言でいえば、自分にしか書けないことを、だれにでもわかる文章で書くということだけなんですね。
  • 今回は、ずーっと初歩に戻ります。「文章」ではなくて、「作文」という、二歩も三歩も戻ったところへ…。
  • 「必ず文章が間違った方向へ行く言葉」を、実はみなさん、たくさんお使いになっている。
  • 今回は、自分が今いちばん悩んでいることを書いてください。
  • 題名をつけるということで三分の一以上は書いた、ということになります。
  • いちばん大事なことは、自分にしか書けないことを、だれにでもわかる文章で書くということ。
  • 自分を研究して自分がいちばん大事に思っていること、辛いと思っていること、嬉しいと思っていることを書く。
  • この「自分本位」が、実は作文の基本なんです。
  • 「読み手」のことを考えることが、実は「だれにもわかるように書く」ことなんですね。
  • 「段落」とは簡単に言いますと「ひとまとまり」ですね。あるひとつの考え方の「ひとまとまり」と考えてください。〔ほか〕

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BA54882009
  • ISBN
    • 4101168296
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    273p
  • 大きさ
    16cm
  • 分類
  • 親書誌ID
ページトップへ