書誌事項

マニ教

ミシェル・タルデュー著 ; 大貫隆, 中野千恵美訳

(文庫クセジュ, 848)

白水社, 2002.3

タイトル別名

Le manichéisme

タイトル読み

マニキョウ

大学図書館所蔵 件 / 172

注記

参考文献: 巻末pi-iii

マニ以後のマニ教の年譜: 巻末piv-xii

内容説明・目次

内容説明

三世紀のペルシアで生まれたマニ教は、厳粛な倫理と儀礼により律されていた。イスラム世界にラマダン(断食月)をもたらしたのもこの宗教である。本書は、開祖であるマニが唱道した教えを、彼が残した聖典を検証しつつ解説してゆく。ゾロアスター教とキリスト教と仏教とが秘教的に融合した世界観に迫る。

目次

  • 第1章 マニ(マニの誕生の場所と時;マニの両親 ほか)
  • 第2章 典籍(マニが読んでいた書籍;マニの著作 ほか)
  • 第3章 共同体(位階制;修道士の倫理規範 ほか)
  • 第4章 万神(物語;マニ教の神々一覧 ほか)

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BA55733795
  • ISBN
    • 9784560058480
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 原本言語コード
    fre
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    179, xvp
  • 大きさ
    18cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ