書誌事項

村の戦争と平和

坂田聡, 榎原雅治, 稲葉継陽著

(日本の中世 / 網野善彦, 石井進編集, 12)

中央公論新社, 2002.12

タイトル読み

ムラ ノ センソウ ト ヘイワ

大学図書館所蔵 件 / 281

注記

参考文献: p319-326

関係年表: p329-338

索引: p339-342(iv)

内容説明・目次

内容説明

戦闘するのは武士だけではなかった。争いに倦む村人は平和への道を切り拓く。否応なしに戦争と関わりながら、村人は互いの利害や地域抗争を克服し、民衆社会の秩序と生活安寧の仕組みを模索する。新文明を創った大動乱時代史。

目次

  • 第1部 百姓の家と村(家制度と伝統社会;室町時代の百姓の家;村社会のしくみ)
  • 第2部 むすびあう地域(鎮守の森で;祝祭の中へ;旅の視点から)
  • 第3部 戦国から泰平の世へ(自立する村の光と影;内戦の時代を生きる;「豊臣の平和」と村の侵略動員)

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

  • 日本の中世

    網野善彦, 石井進編集

    中央公論新社 2002.2-2003.5

    所蔵館1館

詳細情報

ページトップへ