書誌事項

ローマ法とヨーロッパ

ピーター・スタイン著 ; 関良徳, 藤本幸二訳

(Minerva21世紀ライブラリー, 76)

ミネルヴァ書房, 2003.3

タイトル別名

Roman law in European history

Römisches Recht und Europa

ローマ法とヨーロッパ

タイトル読み

ローマ ホウ ト ヨーロッパ

大学図書館所蔵 件 / 232

注記

その他のタイトルはドイツ版による

監訳: 屋敷二郎

英語版 (Cambridge, 1999) の全訳

年表: p172-173

文献案内: p175-184

内容説明・目次

内容説明

ローマ法がヨーロッパ法文化の発展に果たした役割とは—。その道程を辿るとともに、ヨーロッパ法史におけるローマ法の発展過程を判例法や慣習法など、法生活の現実を常に意識した叙述により生き生きと描き出す。

目次

  • 第1章 古代ローマ法(12表法;解釈による法発展 ほか)
  • 第2章 ユスティニアヌス法典の復活(西ヨーロッパにおけるローマ法とゲルマン法;教会と帝国 ほか)
  • 第3章 ローマ法と国民国家(註解学派;人文主義の衝撃 ほか)
  • 第4章 ローマ法と法典編纂(ローマ法と国民法;自然法の成熟 ほか)

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BA6141167X
  • ISBN
    • 9784623038053
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 原本言語コード
    eng
  • 出版地
    京都
  • ページ数/冊数
    vi, 213p
  • 大きさ
    20cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ