書誌事項

中国史のなかの諸民族

川本芳昭著

(世界史リブレット, 61)

山川出版社, 2004.2

タイトル読み

チュウゴクシ ノ ナカ ノ ショミンゾク

大学図書館所蔵 件 / 222

注記

参考文献: p88-90

内容説明・目次

内容説明

漢民族は世界最大の民族であり、その人口は十一億人を超えている。その淵源は、黄河の中下流域に生じた文明、いわゆる黄河文明を築いた人びとが、自らを華夏、華人などと称した頃にまでさかのぼる。当初、わずかな限られた領域に居住した人びとが、何故に今日みるような巨大な民族にまで拡大しえたのであろうか。二十一世紀は民族の時代ともいわれる。本書ではそうした問題意識を持ちつつ、漢民族形成のもつ歴史的意味について考えてみたい。

目次

  • 中国史上の諸民族と漢民族
  • 1 漢唐間の北方民族と中国
  • 2 モンゴル族の国家
  • 3 女真族の国家
  • 4 長江流域以南の諸民族
  • 5 現代中国における民族問題

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BA6599635X
  • ISBN
    • 9784634346109
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    90p, 図版[1]枚
  • 大きさ
    21cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ