多文化間カウンセリングの物語 (ナラティヴ)

書誌事項

多文化間カウンセリングの物語 (ナラティヴ)

S. マーフィ重松著 ; 辻井弘美訳

東京大学出版会, 2004.3

タイトル別名

Multicultural encounters : case narratives from a counseling practice

多文化間カウンセリングの物語

タイトル読み

タブンカカン カウンセリング ノ ナラティヴ

大学図書館所蔵 件 / 181

注記

文献: 巻末pv-xii

内容説明・目次

内容説明

エスニシティだけでなく、世代、ジェンダー、宗教、出自などのあいだで、文化がこころを内から引き裂くことがある。“私という物語”がこわれ、立ちつくす人たち—カウンセリングの場面で、新しく生きるための物語をつむぎ直すことは、どのように可能か。ナラティヴ・セラピーのモノグラフである本書は、同時に、自己の語りを恢復しようとする人とカウンセラーとが、ともに悩みともに歩んでゆく、詩的な物語でもある。

目次

  • 1 歌を忘れた少年(アメラジアン同士—第一印象;歌を忘れた少年—喜びの喪失 ほか)
  • 2 神と神話の癒し(自分自身の偏見に立ち向かうこと;悲しみのパン—希望をもつこと ほか)
  • 3 眠りから覚めた「出自」(純血、混血、青色、緑色—血という力関係に立ち向かうこと;ルーツと共同体の探求、そしてそれを援助すること ほか)
  • 4 名前が語るもの(使い古された物語—そしてそれを見直すこと;本当の名前? ほか)

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BA66329736
  • ISBN
    • 4130111140
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 原本言語コード
    eng
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    iv, 230, xiip
  • 大きさ
    19cm
  • 分類
  • 件名
ページトップへ