宗教改革の真実 : カトリックとプロテスタントの社会史

書誌事項

宗教改革の真実 : カトリックとプロテスタントの社会史

永田諒一著

(講談社現代新書, 1712)

講談社, 2004.3

タイトル読み

シュウキョウ カイカク ノ シンジツ : カトリック ト プロテスタント ノ シャカイシ

大学図書館所蔵 件 / 233

注記

参考文献: p223-225

内容説明・目次

内容説明

中世の人々は、カトリックへの反逆をなぜ受け入れたのか?ルター伝説の真相から聖画像破壊まで、大転換期の諸相を描ききる。

目次

  • 社会史研究の発展
  • 活版印刷術なくして宗教改革なし
  • 書物の増大と識字率
  • 文字をあやつる階層と文字に無縁な階層
  • 素朴で信仰に篤い民衆
  • 聖画像破壊運動
  • 修道士の還俗と聖職者の結婚
  • 都市共同体としての宗教改革導入
  • 教会施設は二宗派共同利用で
  • 宗派が異なる男女の結婚
  • グレゴリウス暦への改暦紛争
  • 「行列」をめぐる紛争

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ