頭痛の話 : 片頭痛から遺伝子異常まで

書誌事項

頭痛の話 : 片頭痛から遺伝子異常まで

古井倫士著

(中公新書, 1783)

中央公論新社, 2005.2

タイトル読み

ズツウ ノ ハナシ : ヘンズツウ カラ イデンシ イジョウ マデ

大学図書館所蔵 件 / 296

注記

主要参考文献: 各章末

内容説明・目次

内容説明

頭痛は健康な人でも一度や二度は経験するもので、まったく覚えのない人はいないだろう。片頭痛や緊張型頭痛といった代表的な頭痛、クモ膜下出血や脳腫瘍のシグナルとなる危険な頭痛だけでなく、スポーツや食品・薬品の摂取によって起こる場合もある。本書では、さまざまな頭痛の症状や痛みのメカニズム、一般的な治療法などを、三十年にわたって臨床に携わってきた脳神経外科医が丁寧に解説する。

目次

  • 序章 頭痛はいろいろ
  • 第1章 頭痛の全体像
  • 第2章 片頭痛と群発頭痛
  • 第3章 緊張型頭痛とその仲間
  • 第4章 いろいろな頭痛
  • 第5章 危険な頭痛
  • 第6章 頭痛と遺伝子異常

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BA71024669
  • ISBN
    • 4121017838
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    226p
  • 大きさ
    18cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ