書誌事項

造形の場

長岡龍作編

(講座日本美術史, 4)

東京大学出版会, 2005.9

タイトル別名

Sites of artistic production and reception

Studies in the history of Japanese art

タイトル読み

ゾウケイ ノ バ

大学図書館所蔵 件 / 339

注記

欧文タイトルは標題紙裏による

内容説明・目次

内容説明

美術の社会性・歴史性を問う。美術品が生成・機能した場を復元し、美術をめぐる人間のいとなみを探る。

目次

  • 第1章 造形の居場所(仏像をめぐるいとなみ—上代法隆寺を場として考える;花鳥の居場所—西本願寺書院のイメージ・システムを中心に;殿様の銅像)
  • 第2章 造形と個別の磁場(頂相管窺—成立をめぐって;詩画軸の構造と場—杜甫の詩意図をめぐって;屏風=儀礼の場の調度—葬送と出産を例に)
  • 第3章 造形の生きる社会(院政期の僧綱仏師をめぐる仏像制作の場—仏師賢円を中心にして;ジェンダー論—地獄に堕ちた女たち;生身仏像論;錦絵の制作と流通)

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BA73506999
  • ISBN
    • 4130840843
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    viii, 348, 5p, 図版 [8] p
  • 大きさ
    22cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ