ヴォルテールからヴァーグナーまで

書誌事項

ヴォルテールからヴァーグナーまで

レオン・ポリアコフ著 ; 菅野賢治訳

(反ユダヤ主義の歴史, 第3巻)

筑摩書房, 2005.11

タイトル別名

De Voltaire à Wagner

タイトル読み

ヴォルテール カラ ヴァーグナー マデ

大学図書館所蔵 件 / 224

内容説明・目次

内容説明

イギリス理神論者、およびモンテスキュー、ヴォルテール、ルソー等フランス啓蒙思想家たちのユダヤ観を克明に検証、人権宣言による解放の流れから、マルクスをへて巨魁ヴァーグナーに至る近代史の巨大なうねりを描いた反ユダヤ主義通史。ヨーロッパ学・人種差別研究に、強烈なインパクトを与える記念碑的名著。

目次

  • プロローグ(十八世紀ヨーロッパにおけるユダヤ人の状況;アメリカ合衆国 ほか)
  • 第1書 啓蒙の世紀(イギリス理神論者たち;啓蒙のフランス ほか)
  • 第2書 解放(解放;解放の余波)
  • 第3書 人種差別主義の反動(イギリス;フランス ほか)

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ