パリとセーヌ川 : 橋と水辺の物語

書誌事項

パリとセーヌ川 : 橋と水辺の物語

小倉孝誠著

(中公新書, 1947)

中央公論新社, 2008.5

タイトル別名

Paris et la Seine

タイトル読み

パリ ト セーヌガワ : ハシ ト ミズベ ノ モノガタリ

大学図書館所蔵 件 / 283

注記

欧文タイトルは図版p [1] による

参考文献: p264-270

内容説明・目次

内容説明

ブルゴーニュ地方の山中に源を発し、ル・アーヴル近くで英仏海峡に注ぐ。全長七七六キロに及ぶ堂々たる大河、セーヌ川。パリ市の紋章には、「たゆたえども沈まず」とあり、パリとこの川の浅からぬ縁を証言している。昔日のガイドブック、文学作品などの歴史的証言の数々を繙いて、この都市の錯綜したイメージを読み解いてゆこう。著者とともに、河岸を散策し、船に乗り、橋に佇めば、見知らぬパリの相貌に出会えるだろう。

目次

  • 第1章 川を通過する
  • 第2章 運河に生きる
  • 第3章 川を楽しむ
  • 第4章 川を描く
  • 第5章 川に死す
  • 第6章 橋を架ける

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BA8591224X
  • ISBN
    • 9784121019479
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    270p, 図版 [4] p
  • 大きさ
    18cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ