言葉の暴力 : 「よけいなもの」の言語学

書誌事項

言葉の暴力 : 「よけいなもの」の言語学

ジャン=ジャック・ルセルクル [著] ; 岸正樹訳

(叢書・ウニベルシタス, 893)

法政大学出版局, 2008.8

タイトル別名

The violence of language

言葉の暴力 : よけいなものの言語学

タイトル読み

コトバ ノ ボウリョク : ヨケイ ナ モノ ノ ゲンゴガク

大学図書館所蔵 件 / 211

注記

原著 (London ; New York : Routledge, 1990) の全訳

内容説明・目次

内容説明

言葉遊びや隠喩・洒落・誤用など従来の言語学が「よけいなもの」として見過ごしてきた言葉の無意識的現象を分析して言語学の脱構築をはかる試み。

目次

  • 第1章 言語学と「よけいなもの」
  • 第2章 がらくた袋
  • 第3章 「よけいなもの」の理論
  • 第4章 隠喩
  • 第5章 変質
  • 第6章 言語の暴力

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BA86685256
  • ISBN
    • 9784588008931
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 原本言語コード
    eng
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    vii, 446, 11p
  • 大きさ
    20cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ