変貌する日本の大学教授職

書誌事項

変貌する日本の大学教授職

有本章編著

(高等教育シリーズ, 146)

玉川大学出版部, 2008.11

タイトル別名

The changing academic profession in Japan

変貌する日本の大学教授職

タイトル読み

ヘンボウ スル ニホン ノ ダイガク キョウジュショク

大学図書館所蔵 件 / 320

内容説明・目次

内容説明

グローバル化、市場化、知識社会化の進行に伴い、大学教授職は、学問的生産性や人材育成の役割をより強化することが社会から要請されている。知の再構築と呼応して大学改革が行われた激動の15年間に大学教授職はどのような変貌を遂げたのか。学問の府から知の企業体へと大学が舵を切るなかでの新しい大学教授職像を分析。

目次

  • 日本の大学教授職—過去と現在
  • 第1部 環境の変化(高等教育政策と大学教授職の変貌;流動性 ほか)
  • 第2部 大学組織と生活(管理運営;研究費の配分 ほか)
  • 第3部 学問的生産性と評価(研究生産性;研究と教育の葛藤 ほか)
  • 第4部 社会への影響(国際化;高等教育と社会)
  • 大学教授職の展望

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ