書誌事項

社会的経験と人間の科学

酒井泰斗 [ほか] 編

(概念分析の社会学, [1])

ナカニシヤ出版, 2009.4

タイトル別名

Essays on human sciences and experiences in our daily lives

概念分析の社会学 : 社会的経験と人間の科学

タイトル読み

シャカイテキ ケイケン ト ニンゲン ノ カガク

大学図書館所蔵 件 / 231

注記

その他の編者: 浦野茂, 前田泰樹, 中村和生

読書案内: 各章末

引用参照文献: 各章末

収録内容

  • 類型から集団へ : 人種をめぐる社会と科学 / 浦野茂著
  • 遺伝学的知識と病いの語り : メンバーシップ・カテゴリー化の実践 / 前田泰樹著
  • 医療者の〈専門性〉と患者の〈経験〉 / 安藤太郎著
  • 触法精神障害者の「責任」と「裁判を受ける権利」 : 裁判と処罰を望むのはだれなのか / 喜多加実代著
  • 「被害」の経験と「自由」の概念のレリヴァンス / 小宮友根著
  • 化粧と性別 : <素肌>を見る方法 / 上谷香陽著
  • 優生学の作動形式 : 永井潜の言説について / 石井幸夫著
  • 科学社会学における「社会」概念の変遷 / 中村和生著

内容説明・目次

内容説明

専門的知識と社会的経験。概念を介した両者の相互作用のなかに実践の論理を探る。

目次

  • 第1章 類型から集団へ—人種をめぐる社会と科学
  • 第2章 遺伝学的知識と病いの語り—メンバーシップ・カテゴリー化の実践
  • 第3章 医療者の“専門性”と患者の“経験”
  • 第4章 触法精神障害者の「責任」と「裁判を受ける権利」—裁判と処罰を望むのはだれなのか
  • 第5章 「被害」の経験と「自由」の概念のレリヴァンス
  • 第6章 化粧と性別—“素肌”を見る方法
  • 第7章 優生学の作動形式—永井潜の言説について
  • 第8章 科学社会学における「社会」概念の変遷

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BA89778091
  • ISBN
    • 9784779503146
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    京都
  • ページ数/冊数
    xi, 274p
  • 大きさ
    22cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ