強いられる死 : 自殺者三万人超の実相

書誌事項

強いられる死 : 自殺者三万人超の実相

斎藤貴男著

角川学芸出版 , 角川グループパブリッシング (発売), 2009.4

タイトル別名

強いられる死 : 自殺者3万人超の実相

自殺の現場から : 日本社会の病巣に迫る

タイトル読み

シイラレル シ : ジサツシャ サンマンニンチョウ ノ ジッソウ

大学図書館所蔵 件 / 243

注記

「角川学芸WEBマガジン」に2008年3月から同年9月まで連載された『自殺の現場から--日本社会の病巣に迫る』と雑誌「創」2008年12月号・2009年3月号に掲載された記事 (第6章・第7章に記述) に大幅に手を加え編集したもの

内容説明・目次

内容説明

10年間連続で年間3万人を超える自殺者を出す「自殺大国日本」。なぜ、これほどまでの自殺者を日本は出しているのか?自殺を「社会的に強いられる死」という視点から探り、日本の病巣に迫った渾身の話題作。

目次

  • 年間自殺者一〇年連続三万人超
  • パワハラと過重労働の果てに
  • 死を誘う郵政民営化
  • 多重債務問題の本質
  • 倒産という呪縛—中小企業経営者
  • 閉ざされた世界—学校と自衛隊
  • 絶望と、それでも、これから

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BA89862074
  • ISBN
    • 9784046213778
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京,東京
  • ページ数/冊数
    261, ixp
  • 大きさ
    20cm
  • 分類
  • 件名
ページトップへ