平和学を学ぶ人のために

書誌事項

平和学を学ぶ人のために

君島東彦編

世界思想社, 2009.7

タイトル読み

ヘイワガク オ マナブ ヒト ノ タメ ニ

大学図書館所蔵 件 / 237

注記

参考・関連文献: 各章末

さらなる学びのために: 章末

内容説明・目次

内容説明

平和学の深さ、鋭さ、温かさ。いじめ、子ども兵から核兵器、軍需産業まで、私たちが世界の暴力を克服するために。

目次

  • 序章(世界のリアリティ、平和学のリアリティ—戦争と安全保障論の現在;平和学の見取図と本書の構成)
  • 1 戦争の根本原因/平和の文化(平和教育をつくり直す;人権と開発・発展—この歪んだ世界を変えるために;環境的平和の追求;ジェンダーと平和;「平和家」としての芸術家;平和博物館の役割)
  • 2 武力紛争の予防・解決・転換(考古学から戦争の起源をさぐる;紛争研究;攻められたらどうするか;非暴力の人道的介入、非武装のPKO;戦争報道とメディアのゆくえ—プロパガンダと競争を超えて)
  • 3 国際法・国際機構の強化(いまカント平和論を読む;国際法で平和をつくれるか;無差別爆撃と原爆投下の今日的意味—被害と加害の重層性を当;国連の民主化とは何か—日本と国連総会)
  • 4 軍縮および人間の安全保障(軍事経済から平和経済へ;軍隊をどうするか;NGOに何ができるか—安全保障を市民に聞く)

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BA90544688
  • ISBN
    • 9784790714200
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    京都
  • ページ数/冊数
    x, 408p
  • 大きさ
    19cm
  • 分類
  • 件名
ページトップへ