書誌事項

祭りの快楽

古家信平, 俵木悟, 菊池健策, 松尾恒一著

(日本の民俗, 9)

吉川弘文館, 2009.9

タイトル読み

マツリ ノ カイラク

大学図書館所蔵 件 / 269

注記

参考文献: 各章末

内容説明・目次

内容説明

祭りと一口にいっても、そのあり方は地域・時代によってさまざまである。人々をひきつける祭りの魅力とはいったい何なのか。その深層に鋭く迫り、表面上の華やかさに対して、底流に見られる普遍性を明らかにする。

目次

  • 祭りの快楽(芸能の継承と創造—沖縄の盆行事から;演者の快楽と戸惑い—空也念仏踊りの事例から;民俗芸能の公開と保護)
  • 1 華麗なる祭り(祭りを見る目と民俗学;村の祭りの持続と変化;祭りの広がり;「おまつり」の現在)
  • 2 祭りに集う(祭りの担い手たち;祭りを支える;祭りの変貌)
  • 3 祭りと表象(鎮魂の呪術とその展開—ヲコと熱狂;演じる人びと—農村歌舞伎の世界;神仏・精霊との対話と呪術—高知県物部の民俗といざなぎ流;職能者の祭儀と呪術—奄美、沖縄の木霊・船霊をめぐる祭祀と呪法)

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ